テラル越前農業協同組合|JA|農業生産者向けの総合サービス業|福井県大野市・勝山市

qrcode.png
http://jaterral.jp/
モバイルサイトにアクセス!
テラル越前農業協同組合
〒912-8540
福井県大野市中挾1丁目1301番地
TEL.0779-65-1250
―――――――――――――――――
・農業生産者向けの総合サービス業
―――――――――――――――――
 
 
 

平成28年度 1支店1協同活動

平成28年度 1支店1協同活動
 
大野南支店・『支店大感謝祭』を開催!
 11月22日(火)、昨年に引き続き『支店大感謝祭』を開催し、地元役員による餅つきが行われ、上庄幼稚園の園児も一緒に参加し、「よいしょ!よいしょ!」の掛け声で祭りを盛り上げてくれました。また、つきあげられた餅はきなこ餅やおろし餅として来場者に無料配布さ
れました。
 会場には他にも大抽選会、地元上庄地区の保育園、幼稚園、小学校、中学校の児童・生徒による図画・習字の展示等、色々な企画が行われました。また、支店前ではみかんやバナナの果物や菓子等を販売したり、各種農機具やカー用品の展示も行いました。500名余りの地域住民の皆さんが来店され、「今年も楽しみにしていたよ!」「つきたてのお餅は美味しいね!」などの声をかけていただき、支店周辺は終日賑わっていました。
 毎年恒例となっている上庄女性部のメンバーから成る【へんねま一座】の寸劇では、『詐欺シリーズpart 2 ウラウラ詐欺!なんでそうなるの!?』が披露され、上庄幼稚園の園児も含め満員となった会場は笑いに包まれていました。
 師走のひととき、支店職員一同が地域の方々とコミュニケーションを図ることができ、日頃の感謝の気持ちを込めておもてなしができた感謝祭となりました。
 
   
大野南支店・収穫の秋 里芋たくさんとれました!
 11月24日(木)、上庄小学校において2年生25名による『里芋株かき体験』を実施しました。5月に植えた里芋が今では大きく育ち、たくさんの里芋が収穫できたことに児童たちは大変喜んでいました。
 作業前には中村営農指導員から株割器の使い方について説明があり、児童たちは専用の株割器で固まっている芋をばらす作業を体験!株かき作業も芋をばらすにはなかなか力がいるようでしたが、日頃からおじいちゃんとおばあちゃんの手伝いをしている児童も多数おり、慣れた手つきで作業をしていました。「たくさん芋がとれてよかった」「芋を分けるのはけっこう力が必要だった」と営農指導員に感謝の気持ちを述べていました。
 収穫された芋は自宅へ持ち帰ったり、給食や調理実習で使われるそうです。
   
大野南支店・地域の児童とサツマイモ掘り体験!
 晴天に恵まれた10月12日(水)、上庄小学校1年生と上庄幼稚園、上庄保育園の児童・園児計34名が稲郷ECOの会『ふれあい農園』圃場で、5月に植えた鳴門金時のサツマイモ掘りを行ないました。作業前には中村営農指導員から「シャベルで芋を傷つけないように」と実演しながら作業時の注意点等について説明が行われました。
 収穫は小学生と幼稚園児・保育園児が二人一組となり、小学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんがシャベルを持って土を掘っていきます。サツマイモを掘り当てると「大きい芋ゲット!」とか「変な形の芋が採れた!」と先生や営農指導員に見せて報告していました。圃場の中には子供たちの嬉しそうな声と満面の笑顔が溢れていました。
 児童たちが収穫した鳴門金時は11月2日(水)にみんなで集まって焼き芋大会を行い、収穫の秋をみんなで味わいました。
   
大野南支店・地域の児童と『カグラモチ』稲刈り体験!
 晴天に恵まれた9月27日(火)、上庄小学校5年生の児童27名が稲郷ECOの会の圃場において、5月に植えたカグラモチの稲刈りを行ないました。作業前には石川営農指導員から鎌の扱い方や作業時の注意点等について説明が行われました。
 当日は稲郷ECOの会・上庄青壮年部の方々も作業に参加いただき、児童の稲刈りをサポートされていました。自宅で稲刈りの手伝いをしている子も多数おり、鎌を片手に我先にと田んぼへ入り、上手に鎌を使って稲を刈っていきます。次に刈り取った稲を両手いっぱいに抱え、一列に並びコンバインにて脱穀作業を行いました。作業を終えた児童たちは「鎌がすごく切れた!」「一株が太くて、持ちきれないよ!重い!」「自分たちの植えた苗が大きくなってうれしい!」と感想を話していました。
 児童たちが刈り取ったカグラモチは精米し、上庄小学校に贈られます。
 
   
大野南支店・『上庄夏祭り』に参加!
 8月6日(土)、上庄地区の『第27回上庄夏まつり』が盛大に開催され、大野南支店も青壮年部、女性部と共に参加しました。
 大野南支店ブースでは、JA共済『アンパンマンコーナー』を設け、多くの子供達と触れ合うことができ、青壮年部と一緒に販売した『生ビール』や『わたがし』『Aコープゼリー』は完売と大変好評でした。また、麦とろ麺やJA商品等も販売し、PRすることができました。
 さといもが特産であることから、今年は初めて『里芋音頭』が行われ、上庄里芋生産組合の役員さんにも参加いただき、職員も一緒に楽しく踊ることができました。
 最後に真夏の夜空に大輪の花火が沢山打ち上げられ、あちこちから歓声が上がっていました。
 
   
大野南支店・地域の安全を目指して!
 7月2日(土)午前中、子供たちが夏休みを迎えるにあたり、大野南支店職員一同で上庄地区管内の公道沿いのカーブミラー 120基の清掃を行いました。地域の交通安全の一助になれればとの思いから始まったこの取り組みは、昨年に続き2年目!昨年実施の際、危険なカーブミラーや十分に役目を果たせていないカーブミラーが存在したことから、本年は清掃と点検を兼ねカーブミラー1基ずつ確認をし、気持ち良い汗をかきながら活動を行いました。
 また、『JA共済』より管内4地区に対しカーブミラーの無償提供を受けることができました。今後も組合員地域の皆様のお役にたてるJAを目指して取り組んで参ります。
   
大野南支店・地域の児童と農作業体験にチャレンジ!
 上庄小学校・上庄幼稚園・上庄保育園と連携し『学童農園』を実施しています。5月には各学童農園において作業を行いました。児童の元気いっぱいの写真とともにお知らせいたします。
   
大野南支店・『カグラモチ』の手植え体験!
 5月6日(金)、上庄小学校5年生の児童28名が稲郷ECOの会の圃場を借り、カグラモチの田植えを体験しました。作業前には営農指導員が、うるち米とモチ米の違いや苗の持ち方・植え方、枠回しの注意点等について説明を行いました。当日は上庄青壮年部・稲郷ECOの会の方々も作業に参加され、児童に田植えや枠回しを指導されていました。
 児童たちは初めて田んぼに入る子もおり、裸足になって土の中に足を踏み入れると、歓声と笑い声があがりました。児童は4班に分かれ、枠回しと手植えを順番に体験。「せーの!」の掛け声に合わせて枠回しを行いますが、なかなかまっすぐには進みません。途中から雨が降り出す天候の中でしたが、児童は最後まで元気に手植えを行いました。
 秋には刈り取られたカグラモチは上庄小学校に贈られます。
 
大野南支店・里芋の種芋植え体験!
 5月24日(火)、上庄小学校2年生の児童25名が同じく稲郷ECOの会の圃場で、上庄青壮年部・稲郷ECOの会の方々と里芋の種芋植えを体験しました。作業前には営農指導員が、里芋の歴史から種芋の植え方・育て方について説明を行いました。
 児童からは「どれくらいで芽が出るのですか」「本当に大きくなるのですか」と多くの質問があがり、興味津々です。小さな頃から自分たちの住む地域の特産品を知り、受け継いでいこうという自覚が芽生えていくことを期待します。
 
大野南支店・サツマイモ苗植え体験!
 5月30日(月)、上庄小学校1年生の児童19名と上庄幼稚園の園児3名・上庄保育園の園児14名が同じく稲郷ECOの会の圃場で、上庄青壮年部・稲郷ECOの会の方々とともにサツマイモの苗植えを体験しました。作業前には営農指導員が、サツマイモの苗の植え方や土の被せ方について説明を行いました。
 今回初めて作業する児童もおり、小さな手で土を一生懸命掘りながら苗を植えていく姿が印象的でした。「早く大きくなってほしい」と水やりをしていました。秋には収穫体験をし、収穫したサツマイモは上庄小学校で調理する予定です。
   
大野南支店・『窓口感謝デー』を開催!
 3月15日(火)、窓口に来店された方々に感謝の気持ちを込めて花の苗を配りました。来店者は約70名ほどでした。花の苗を配布することで、春の訪れを感じていただけると幸いです。
<<テラル越前農業協同組合>> 〒912-8540 福井県大野市中挾1丁目1301番地 TEL:0779-65-1250